スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

自殺のない社会を目指して 自殺防止!東京キャンペーン

自殺のない社会を目指して
自殺防止!東京キャンペーン

平成27年8月17日
福祉保健局

 東京都では、毎年9月と3月を自殺対策強化月間に位置付けています。
 この9月においても一部相談時間を拡充した電話相談を実施するほか、若者の自殺予防をテーマに講演会を開催するなど、集中的に自殺防止の取組を展開します。

1 特別相談(電話相談)

自殺防止


2 街頭キャンペーン

(1) 日時

 平成27年9月1日(火曜日)午前8時00分~午前9時00分

(2) 場所

 JR東日本新宿駅南口

(3) 内容

 相談窓口の案内チラシ入りポケットティッシュ等の普及啓発グッズを特別相談実施団体と協力して配布します。

3 講演会

(1) 自分を傷つけずにはいられない! ~生きづらさを抱える若者の自殺予防のために~

 日時:平成27年9月10日(木曜日)午後6時半~午後8時00分
 場所:東京都庁都民ホール(東京都議会議事堂1階)
 講師:松本俊彦(まつもととしひこ)氏
 (国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部部長 自殺予防総合対策センター副センター長)
 定員:280名
 参加方法:事前申込制。詳細についてはこちらにて掲載しています。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/tokyokaigi/rinji1/index.html

(2) 自死者防止講演会「自殺する私の声を聞いて」絆の輪を広げよう

 日時:平成27年9月19日(土曜日)午後6時00分~午後8時00分
 場所:目黒区サレジオ教会聖堂(東京都目黒区碑文谷1-26-24)
 講師:清水康之(しみずやすゆき)氏 ほか
 (特定非営利活動法人自殺対策支援センターライフリンク代表)
 参加方法:事前申込不要
 主催:明るい社会づくり運動 各種団体懇話会(事務局鈴木:03-3487-0894)
 後援:東京都

4 連携事業

 区市町村や東京都保健所等においても、自殺防止やメンタルヘルスに関する講演会、うつ病等についての相談、自殺防止のための街頭キャンペーンなどの取組を実施します。
 詳細はこちらをご覧ください。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/tokyokaigi/torikumi/campain/index.html

 「東京都長期ビジョン」事業
http://www.seisakukikaku.metro.tokyo.jp/tokyo_vision/
 本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略5 「福祉先進都市の実現」
 政策指針13 「質の高い医療が受けられ、生涯にわたり健康に暮らせる環境の実現」

問い合わせ先
福祉保健局保健政策部保健政策課
 電話 03-5320-4310




スポンサーサイト
line

慢性疲労症候群患者では脳内炎症が広い領域で生じている - 理研などが確認

慢性疲労症候群患者では脳内炎症が広い領域で生じている - 理研などが確認
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140407-00000114-mycomj-sci


理化学研究所(理研)と大阪市立大学、関西福祉科学大学の3者は、慢性疲労症候群/筋痛性脳脊髄炎(CFS/ME)の患者は健常者と比べて脳神経の炎症反応が広く見られることを陽電子放射断層画像法(PET)で確認し、炎症の生じた脳部位と症状の強さが相関することを突き止めたと発表した。

【もっとほかの写真をみる】

同成果は、理研ライフサイエンス技術基盤研究センター 健康・病態科学研究チームの渡辺恭良チームリーダー、水野敬研究員らと、大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学疲労クリニカルセンターの中富康仁博士(現 ナカトミファティーグケアクリニック院長)、稲葉雅章教授、同研究科システム神経科学の田中雅彰講師、石井聡病院講師、関西福祉科学大学健康福祉学部の倉恒弘彦教授らによるもの。詳細は米国の科学雑誌「The Journal of Nuclear Medicine」(6月号)に掲載されるに先立ち、オンライン版に掲載された。

CFS/MEは、通常の診断や従来の医学検査では身体的な異常を見つけることができず、治療法も確立していない。原因としては、感染症を含めたウイルスや細菌感染、過度のストレスなど複合的な要因が引き金となり、神経系、内分泌系、免疫系の変調が生じて、脳や神経系が機能障害を起こすためと考えられているが、その発症メカニズムは明らかになっていない。

近年の研究から、CFS/ME患者の脳内では、血流の低下、セロトニン輸送体の密度低下などの異常が発見され、脳機能の低下が異常な倦怠感を引き越こしている可能性が示されてきたほか、患者の血液や髄液を健常者と比較検査した調査では、炎症性サイトカインがわずかに上昇していることも報告されており、脳内での炎症が脳機能の低下に関わっているのではないかと推測されるようになってきたものの、実際に患者の脳内で炎症が発生しているかを調べた研究はこれまでなかった。

脳内の炎症には、神経系を構成する免疫担当細胞のマイクログリアやアストロサイトの活性化が関わっていることが知られていることから研究グループでは今回、これらの細胞の活性化の指標となるタンパク質の増加についてPETでの可視化を試みた。

具体的には、CFS/ME患者9名と健常者10名の脳をPET検査で比較したほか、各患者の疲労度や抑うつ症状、認知機能について、質問表による自己診断やテストによる評価で症状の強さを評価した。

その結果、PET検査では、患者の脳内では主に、視床、中脳、橋、海馬、扁桃体や帯状回という部位での炎症が増加しており、健常者と比べて有為な差があることが判明したという。

また、各脳部位における炎症の程度とCFS/MEの各症状には相関があり、視床、中脳、扁桃体での炎症が強い場合は認知機能の障害が強く、帯状回や視床の炎症が強い場合は頭痛や筋肉痛などの痛みが、また海馬での炎症が強い場合は抑うつの症状が強いことも明らかになったとする。

この結果について、脳内の炎症が起こっている場所で脳機能が低下し、CFS/MEにおけるさまざまな症状を引き起こしている可能性を示唆すると研究グループでは説明しており、客観的な画像検査をもとにしたCFS/ME診断の確立への大きな一歩となるとのことで、今後さらなるCFS/MEの病態の解明に取り組み、診断技術の確立や有効な治療法、予防法の開発を進めていく方針としている。


最終更新:4月7日(月)18時7分

line

オネエ精神科医が教える 壊れない生き方 (メディアファクトリー新書) [新書]

オネエ精神科医が教える 壊れない生き方 (メディアファクトリー新書) [新書]



Tomy/著
弱さを隠し、毅然と戦い続ける人ほど、ボキっと折れるリスクが高い。本書では、真面目で無理をしがちな男性が陥りがちな「男らしさ」の呪縛を、ネット相談で人気沸騰中のオネエ精神科医がやさしく解きほぐす。
line

摂食障害でお悩みの方へ 奈良県精神保健福祉センター

摂食障害でお悩みの方へ
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-2008.htm
    ~神経性無食欲症(拒食症)と神経性大食症(過食症)~

1.増えている現代の病、「摂食障害」

●摂食障害には、神経性無食欲症(いわゆる拒食症)と神経性大食症(いわゆる過食症)があります。
 摂食障害はダイエットをきっかけとして始まることが多いのですが、神経性無食欲症は太ることが怖くて、食事を普通に食べることができなくなり、どんどんやせてしまうという病気です。一方、神経性大食症は気晴らし食い(過食発作)が自分では止められなくなり、太らないように故意に嘔吐したり、常に食物のことが頭から離れず抑うつ的になったりする病気です。

●思春期、青年期の子どもたちを中心に増えてきています。
 いろいろな調査で、近年の摂食障害の増加が明らかになってきます。平均発症年齢は18歳で、高校生から20代前半の女性に多く見られます。しかし、小学生での発症例や男性例も増えてきています。摂食障害全体の5~10%が男性であると言われています。

●様々な要因が複雑にからみあって、病気が生じます。
 以前は、母との心理的葛藤や、大人になることを無意識に拒む成熟拒否などの心理要因が重要視されていましたが、原因はそれだけではないようです。神経質で几帳面すぎるというような本人の性格的要因や、家族や学校での心理社会的ストレス要因、さらに内分泌系や中枢神経系の機能の乱れという身体的要因も複雑に関係します。また近年のやせていることが美であるというダイエット賛美の風潮も、拍車をかけているようです。


2.際限なくやせようとする神経性無食欲症

●ダイエットから始まります。
 ほとんどの場合、ダイエットを目的とした食事量や制限からやせ始めます。やせが進んでもなお太ることを恐れて、サラダや果物を中心とするような極端にかたよった食生活を続けます。その結果さらにやせは進み、空腹感すら感じなくなり、月経が止まったり、栄養障害が深刻になったりします。

●自分が病気だとは、あまり思っていません。
 やせが10kg、15kgと進んでもダイエットをやめようとせず、周囲は心配しますが、本人は深刻に考えようとはしません。毎日体重をはかり、前日より少しでもやせていれば機嫌は良く、運動をするなど活動的に過ごします。本人は病気だという意識が弱いため、病院の受診を勧めても強く拒みます。

●様々な食行動異常を伴います。
 自分は食べないのに食事には関心が強く、高カロリーの料理を作って家族に食べさせようとします。またダイエットを続けている間にも、過食(気晴らし食い)や隠れ食いを伴うことがあります。過食が頻回になって自分では止められなくなり、神経性大食症に移行していく例も少なくありません。


3.過食と嘔吐を繰り返す神経性大食症

●やせたい、という気持ちは同じです。
 神経性大食症の場合も、最初はダイエットから始まることが多いのです。そのうち気晴らし的に過食をするようになり、過食を自分の意志で押さえきれず病気に発展します。ある調査によると、゛気晴らし食い″は、一般の女子高生の7.5%、女子大生の8.3%に認められ、それだけで病気というわけではありません。

●夜に自室でこっそり、気晴らし食いをします。
 家族との夕食の後、自室にこっそり持ち込んだ大量の食物をむちゃ食いします。満腹でそれ以上は食べられなくなるまで食べ続け、途中で止めることはできません。多くの場合、食べ終わるとすぐに、自室やトイレでのどに指を入れて、食べたものを嘔吐します。吐物を自室に隠していたり、下剤を常用する例もあります。

●うつ状態や自傷行為などを、しばしば伴います。
 やせたいと思っているのに、自分の意志で過食を押さえることができないため、自己嫌悪に陥り、抑うつ的になりがちです。自傷行為や自殺を企てたり、暴力や引きこもりを示すことも少なくありません。また窃盗(特に食物)や性的問題行動などを起こすことがありますが、これらの問題行動は病気の回復とともに消失するので、摂食障害の症状であるとみなされています。


4.摂食障害の治療

●神経性無食欲症の治療
 やせが進み栄養障害が心配されるような場合は、診断・治療のために、病院を受診することが必要となります。まずは小児科や内科を受診することが一般的ですが、身体症状が深刻であれば、入院治療が必要となります。
 また、1病気であるとの認識が乏しく、治療意欲がない、2抑うつ、興奮などの精神症状や問題行動を伴う、3過食が頻回にある場合などは、心療内科や精神科での治療が必要となります。
 
●神経性大食症の治療
 様々な問題行動や精神症状を伴うことが多く、心身両面への治療が必要なため、心療内科や精神科での治療が望まれます。特に問題行動(自傷、盗癖、暴力など)や精神症状(抑うつ、不安、興奮など)が激しい場合には、一時的な入院も含めた精神科での治療が有効です。
 神経性大食症では、摂食を制御できないことを自分でも何かおかしいと感じることが多いため、神経性無食欲症に比べるとスムーズに病院を受診するようですが、家族の理解、協力は欠かせません。

●摂食障害の予後
 ある中期予後に関する調査では、治療開始から5年後に治癒あるいは軽快していた比率は、神経性無食欲症で
80%、また神経性大食症では45%でした。 
 神経性無食欲症では、治療の進展に伴い体重が回復し、月経も戻ります。多くの例では、おおむね20歳代半ばには落ち着くようです。また神経性大食症では回復過程にもう少し時間がかかりますが、治療により精神面の成長と安定を得た後に、食行動異常も少しずつ落ち着いていきます。
 いずれにせよ、治療は辛抱強く続ける必要がありますから、家族の病気の理解と治療への協力がとても重要です。

お問い合わせ精神保健福祉センター
〒633-0062  桜井市粟殿1000
(桜井総合庁舎内)

精神保健福祉センター  TEL : 0744-43-3131
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-2008.htm


・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の健康危機管理グッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝のメンタルヘルス情報 切明義孝のホームページ 切明義孝のたばこ文書管理保管センター 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 たばこ文書保管管理センター Tobacco Documents Archives
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

line
line

FC2Ad

line
検索フォーム
line
メンタルヘルスの本
おすすめ書籍
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
プロフィール

Author:phnet
FC2ブログへようこそ!

line
ブロとも一覧
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。